シースルー素材の魅力

セクシーなだけじゃない!

シースルーと言うと、「透けて見えるセクシーな服」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。中にはシースルーは自分には似合わないと思い込んでいる方もいるかもしれませんね。
シースルーはオーガンジーやシフォン、ボイル、レーシーニットなどの透ける素材を使ってつくられたものを言います。肌が透けて見えるため、たしかにセクシーな要素は大きく、ボーイズライクと言うよりもフェミニンな印象を与えることが多いでしょう。しかし、取り入れ方次第ではボーイッシュな女性でも自分らしさを表現するのにぴったりな素材にもなり得ます。部分的にシースルーを使うことで、全体のバランスを良くしたり、そこに個性を持たせることも出来るでしょう。甘めと辛めの服のミックスによって、真似したくなるようなスタイリッシュな仕上がりにもなります。

実は大人の女性も取り入れやすい!

シフォン素材の服は軽やかでキュート、フェミニンなデザインの洋服が多く、10代、20代の女子には人気が高いようです。一方、30代以上の大人の女性にとって、「キュート」や「フェミニン」といったワードは若作りしていると思われるのではないかと敬遠してしまいがちではないでしょうか。
透ける素材にはいくつか種類がありますが、中でも薄くて軽い素材で織られたオーガンジーという平織物があります。オーガンジー素材のストールを首にサラッと巻いたり、ショールとして肩に軽く羽織ったり。使い方は色々ですが、シースルーの素材の中でも洋服として着るのではなく、小物アイテムとして取り入れやすいシースルー素材です。ストールであれば大人の女性も扱いやすいのではないでしょうか。